さいほう動画を作成中です

【2019年】Ryzen自作PCのスペックアップをするならこんな構成

のの
こんにちはー!

2019年7月より販売されたRyzenの第3世代がとても人気です!CPUとして市場を独占していたIntelを覆すほどの人気で品切れ状態が続いているみたいですね。

Ryzenはアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(以下AMDと略)が開発したZenアーキテクチャーを採用するマイクロプロセッサのシリーズに用いられるブランド名である。

ののは1年前の4月にRyzen7 1700を基にした自作PCデビューをしているのですが、この人気ぶりをみていると新しいパーツで揃えたいとも思っちゃいます。

そこで今回はこれから自作PCを購入する方やスペックアップしたい方に向けて、ののがおすすめするパーツ構成についてご紹介します。

Ryzen自作PCのスペックアップについて

まずは最新のRyzenのスペックについて確認してきましょう。

ryzen2ryzen

参考:ドスパラ公式サイト

最新世代は圧倒的に性能が高い

これまで第2世代・第1世代と販売されましたが、表の通り第3世代の性能の伸び具合が著しいです。まだCPUについて詳しく知らない人でも一目瞭然ではないでしょうか。

ののが使用しているCPU(Ryzen7 1700)と最新の後継(Ryzen7 3700X)を比較すると、1.7倍近く性能が上がっています。

この性能差が与える影響については様々ありますが、動画編集・配信や音楽制作等クリエイティブなことやゲームをより快適にプレイすることに大きく貢献します。

バランスを考えるとRyzen7 3700X

ののがおすすめするパーツはRyzen7 3700Xです。なんといってもバランスが良いのが特徴。

  • 価格が高すぎない(8/9現在43,000)
  • 消費電力が少ない
  • 殆どのやりたいことはできる

以上のことが理由です。

特に消費電力について。ののが使用しているRyzen7 1700同じという衝撃!1.7倍の性能差を同じ消費電力でこなしているのは技術の進歩を感じさせられます。

AMDの相性問題について

各パソコンのパーツには相性があり、理論上では動くはずのものでも動かないなんてこともあります。

  • マザーボード:ASUS AMD STRIX B350-F GAMING
  • メモリ:CORSAIR CMK16GX4M2A2666C16

ののが使用しているパーツ種類です。メモリについてはそのまま流用できそうですが、マザーボードはこの後継を購入するのが間違いないかと思います。

created by Rinker
ASUSTek
¥13,980(2019/08/23 20:58:31時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのパーツについて

最新のマザーボードX570や最新のSSDPCIe Gen.4などはまだまだレビュー数からしてもユーザーのもとに行きわたっていません。

動作報告も含め、ののが実際に購入してから追記したいと思います。

おわりに

CPUの技術の進歩が大きく見られ、幅広い活動に大きく貢献することが期待できます。

特に配信活動や動画編集は現在ではメジャーであり、そういったクリエイティブな活動を後押しすることは間違いありません。

これからの時代を先進していく一助として参考にしてみてください。

ではではー!