ブログ全体の見直し・更新をしています。

ドラクエ10 さいほう職人をやるなら新しい商材への挑戦を意識しよう

のの

こんにちはー!

ドラクエ10の相場というものは日々変わっていくものですが、さいほう初心者にはしょっぱい気がしています。

これに対し、職人の経験やレベルが不足しているならその中でもやっていくしかないですが、既にレベルが十分に達しているにも関わらず、同じ商材を続けている方もいます。

おそらく、安定した収入という部分で、

  • きじゅつしシリーズ
  • マスターシリーズ
  • 無法者シリーズ

この3つを縫い続けている方は多いのかなと思います。

そろそろ、次のステップに進んでみませんか?

 

新しい商材への挑戦

今まで安定して生産できていたものがあるのに、わざわざ新たに挑戦する必要があるのか!と思う方もいらっしゃると思います。

逆にお伺いすると、そんな方たちは、

なぜ皮シリーズからきじゅつしシリーズになったのでしょうか。

お答えできない方は、金策の効率をただただ悪くしているだけです。

 

選択の幅が広がる

新たな商材への挑戦のメリットは、金策の幅が広がることです。

日々変わる相場によって利益額が変わっていきますが、取り扱える商材が増える=相場による影響をある意味受けやすく、ある意味受けづらくなります。選択肢が増えることはプラスにしかなりません。

 

利益額が高いものが多い

ドラクエ10の金策を知るなかで、一度は〇〇万稼げるというような具体的な金額を含めての検索をしたことはあると思います。

これは、金策するうえでの期待値が高いものを知りたいからだと思います。

商材としてのレベルが高いものというのは、基本的に利益額も高いです。自分たちが理想とする期待値にどんどん近づいていく実感をもてると思います。

 

経験から取り扱える幅が増える

上記の選択と何が違うのかというと、今までやったことがない商材でも、何となくで縫えてしまうようになるということです。

初めて挑戦するものは、失敗やせいこうを重ねてからだいせいこうになるものですが、ある程度色々な商材を取扱うと、経験から何となくの流れがわかるようになります。

新たな挑戦への失敗は、挑戦をすればするほど少なくなっていきます。

 

挑戦する上でのポイント

ここまで挑戦するべき!とお伝えしましたが、そのための準備が必要です。

ご紹介することを最低限やっておいた方が良いと思います。

 

職人レベル38を超える

これについては、ぬいパワーシフトという特技を覚えるためです。

マスターや無法者シリーズより上となると、ぬいパワーが?(ランダム)が新たに追加されます。ぬいパワーを管理できないことは、削りも調整も管理できないことと等しいので厳しいです。

ぬいパワーシフトというのは、現在出ているぬいパワー以外のものにする特技です。職人レベル38で覚えるようになるので、最低限このラインは押さえておきましょう。

職人のレベリングについて知りたい方はコチラからどうぞ。

ドラクエ10 さいほうの経験値とレベルと集中力を考察

 

結晶装備シリーズをやり込む

これから取り扱う商材のベースとなります。冒頭で紹介したきじゅつしシリーズなどです。

ここでの経験が必ず高レベル商材でも活きていきます。

光のさいほう針の☆2を使用して、だいせいこう率8割を超えれば十分だと思います。

きじゅつしシリーズについて、ご紹介もしています。

ドラクエ10 さいほう初心者でもできる きじゅつしの服縫い方手順 ドラクエ10 さいほう初心者でもできる きじゅつしのズボン縫い方手順

 

素材代と利益を見る

これは当たり前のことになっちゃいますが、新たな挑戦と言っても、利益が出ないものに最初から挑戦する必要はありません。

 

素材代について

新たに挑戦をするのに、素材代に対しての所持金が少ないと、一つ一つへの緊張感が半端なくて、本来の良さが出ない可能性があります。

高レベル商材は、素材代が高いものが多いです。今の所持金を考えて、余裕をもってやれる商材を選びましょう。

 

利益について

利益というのは、一概に金額の面だけではありません。

商品の回転の良さ + (売上 – 素材代) です。

よく言う時給〇〇ゴールドは、売れた時間を考慮していないことが多いです。(のの の過去記事もか!?)メジャーな商材とマイナーな商材を7:3ぐらいで生産すると、ちょうど良い感じに在庫管理できるかもしれません。

サブキャラでバザーの枠を増やすのも一つの手です。

サブキャラの準備はそんなに必要ありません。よろしければコチラもどうぞ。

ドラクエ10 サブキャラの作り方・育成方法

 

おわりに

仮に金策や具体的な目標金額がなかったとしても、メリットがたくさんあることがわかったと思います。

新たな挑戦というのは、なかなか勇気もいりますし難しいですが、自己研鑽という名の投資と考えてみても面白いかもしれません。

最新装備に挑戦できるようになれば、金策効率はグッと上がります。最終ゴール地点を目指して頑張っていきましょう。

ではではー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です