ドラクエ10 マイタウンの価値とは バージョン4.5目玉コンテンツ

のの
こんにちはー!

先日のDQ10TVにて、バージョン4.5の情報が公開されています。

プレイヤーの中で特に注目されていたのが、記事タイトルでもあるマイタウンです。

ドラクエ10のメインコンテンツでもあるハウジングの、新たな大規模コンテンツとして関心の高かったマイタウンですが、公開後の評価は微妙な感じになっているようです。

ドラクエ10 マイタウンについて

まずは公開されている情報のおさらいです。

  • 住宅村1つの丁目をまるごと購入するイメージ
  • 家の敷地外やアイテムが置ける
  • 町の床や背景なども変えれる

できることとして挙がっていることは上記ぐらいだと思います。

まだまだ不確定要素の多いものではあります。

今回、マイタウンの評価が微妙になってしまった原因は主に2つあります。

  • マイタウンの価格
  • レンダーヒルズとの関係

順番に説明していきます。

マイタウンはゴールドで購入 しかも高すぎる

マイタウンを入手するには、ゴールドで購入しなければなりません。

一部コンテスト等の景品にマイタウン権利書があります。(1名ですが…)

マイタウンの価格ですが、1億~4億9999万の間だと予想されています。

上限については確定です。DQ10TVにて5億未満であることは明言していました。

下限については、レンダーヒルズとの差別化によってこの金額以上だと予想されているみたいです。

読者のなかで、この価格を見て「お、意外と安いな、買えるな」と思えた方はどれくらいいると思いますか?

普通に冒険をするだけでは理想の最新装備すら入手が困難なドラクエ10の世界で、お家を買うために数億金策することがどれだけ大変であるか。

マイタウンの価値、ゴールドの価値双方について考えたうえで意見をしている方が非常に増えています。

マイタウンとレンダーヒルズの価値について

マイタウンの価格が高いと主張するプレイヤーが多い一方で、レンダーヒルズとの関係について主張する方もいます。

モノの価値はゴールドで決められていますが、高級住宅街であるレンダーヒルズの1億という価値が失われてしまうのでは?という懸念です。

モノの価値は人によって違うのは当然です。モノの価値 = ゴールドの定義は、あくまでも販売側の目線であることをご承知ください。

レンダーヒルズが発表された当時は、

  • 住宅の数が限定的であること
  • モノの価値としては最高額であること
  • 利便性を考慮した設計であること

とにかく他の住宅との大きな違いが話題にもなり、レンダーヒルズに住むために頑張っていた人も多いのではないでしょうか。

今回、マイタウンの価格や一部機能が少し明らかになったことで、そのレンダーヒルズを大いに上回る…かもしれないわけです。

レンダーヒルズを購入しようとしていた人にとっても、現在レンダーヒルズに住んでいる人にとっても複雑な気持ちになっているかもしれませんね。

おわりに

公開されている情報がまだ限定されているため、真の価値はまだ判断できません。

しかし、既存のものとの差別化が必要ではありますが、これまでの流れも考慮した対応も求められるかもしれません。

皆さまはどう思いますか?今後の動向に注目ですね。

ではではー!